ダーツは誰でも挑戦できる趣味

ダーツの種類(ソフトダーツ)

ダーツは誰でも挑戦できる趣味 ダーツブームが有り可なりの方がダーツを始めました。自分の周りにも多くの人がハマって現在も大会に出る為に練習をしています。実際自分もヤって解った事は、とても集中力が必要な事と知れば知るほどダーツの奥ぶかさを実感します。一つにダーツと言ってもハードとソフトが有ります。一般的に自分達がヤって要るダーツは、ソフトに成ります。機械のダーツボードに指す物です。ソフトは、刺さらないとしてもセンサーで得点が解りますが、ハードは刺さらないと得点に成りません。アメリカの西部映画等でヤって要るのがハードダーツに成ります。

それ以外にもチップがソフトだとプラスチック製でハードだと金属製の物で作られていたりと同じ様な物でも使う部品すら違います。大会に成ると個人個人が自分用のダーツを持参して来るので同じ物は、一つも有りません。私自身もオリジナルのダーツを持っていますが、未だ完成系には程遠いと思っています。自分が良く行くマンガ喫茶に大会で活躍して入る定員の方が居ますが。その方は、ダーツだけでも10セット近く持っていてその日の体調や腕の振り等で毎日変えていると言うくらい奥が深いのがダーツです。皆さんも初めて観たいと言う人は、経験者の方に聞きながらやる事が一番の上達の早道だと思います。

関連記事・情報